このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。

8月・9月 単発受講生 募集中

コロナウィルス感染拡大防止政策のため、延期となっていた講義の受講生を募集しています。

8/23(日) 
講師:桑島 浩彰氏
Conductive Ventures マネージング・ディレクター

9/6(日)  
講師:宮路 拓馬氏
衆議院議員

開催日未定 
講師:松澤 薫氏
弁護士

前田塾
第3期

U30トップキャリアコース

新たな産業革命のさなかにある日本。

最先端のリーダーたちの講義は
独学、書籍、オンラインでは学びきれない、
現場のリアルな声。

思考を積み上げ アンテナを磨き
仲間とともに 時代を創る。

U30トップキャリアコースとは

第3期目を迎える本コースは、最前線のビジネスパーソンや政治家による最新の実情を学ぶ講義を受け、共に成長しあう仲間とのコミュニティーづくりを目指しています。

全15回の講義にはすべて懇親会がセット。魅力あふれる講師もともにざっくばらんに交流して同世代の絆、そして世代間のつながりが築かれていきます。

本コースで最先端の知見を得るのはもちろん、生まれたコミュニティーの力は一人一人のエネルギーになり、新しい社会を創造し、改革を起こすうねりになっていくでしょう。

<学習内容>

1. Machine Learning……急速に発達しつつも、多くの人の理解が追い付いていないAI産業。ディープラーニングや強化学習を中心に、人工知能の仕組みや実例を把握し、未来予測力を高める。 

2. Politics……インパクトある事業を企画するうえで、官との協働は必須。政策制度の運用及び構造の両面から、各政策やその決定プロセスにアンテナが立つ人材養成。 

3. Venture Business……立ち上げから売却まで、大企業やベンチャー企業での事例を通じて、視野を広げる。 

4. Finance……最低限のファイナンスの概念と共に、投資や資金調達時に必要な理論の仕組みを理解。

代表メッセージ ~ コミュニティこそが 究極の財産

家庭のヘビめの事情から18歳までに引っ越しを
15回経験しました。

結果、友達との別れはありましたが、
せっかく出会えた尊敬する友たちとのつながりに
最大限のエネルギーを注ぎ続けた20代は、
僕の30代を大きな彩りを与えてくれました。

しかし、日本の20代は、兎角孤立化しやすい。

大学のゼミ・サークル内のコミュニティ。
会社の同じ部署だけのコミュニティ。
同じ業界内だけのコミュニティ。

年齢を経るごとに、孤立化・単一化が一層進みやすい。

一方、時代は
「コミュニティ・ダイバーシティ」
を求めている。

人生に彩りをつくるコミュニティ。
多様でイノベーションを生み出すコミュニティ。

それが、僕が若い世代のために還元できること。

ここに加えて、第一線で活躍を続ける、
尊敬できる友人たちと、
無限の可能性を秘めた愛すべき後輩たちを混ぜたい。

真剣な学びやバカ騒ぎを通して、
この2つの世代の融合させ、
新たなコミュニティを作りたい。

前田塾U30トップキャリアコースが
そういう場になることを目指しています。

前田塾塾長
前田恵一

開催概要

開講予定日 3/22を除き、いずれも15:00~20:00
2020/1/19(日), 26(日)
2/9(日), 16(日)※, 29(土)<第5講延期・日程調整中>
3/8(日), 22(日)11:00-14:00
<第6講、第7講延期・代替日決定※下記講義詳細参照>
4/19(日), 25(土)
5/10(日)※, 24(日)※, 31(日)
6/7(日),14(日), 28(日)(全15回) 
※印の日程は変更の可能性あり
会場
都内某所

※ ご参加にあたり、書類及び面談による選考があります。

講義内容・講師紹介

第1講  イノベーションを産む人材の特徴   前田 恵一

2020/1/19(日) 15:00-20:00

今、少子高齢化が待ったなしで進む日本のビジネスに必要なのは、「革新」すなわち Innovation。 ここから始まる半年間のコースで、真にイノベーティブな行動を起こせる人材へと成長するために必要なマインドセットを、実例を挙げながらお伝えします。

キーワードは「多様性」と「心理的安全性」。
<プロフィール> 本塾主宰。05年東京大学大学院情報理工学系研究科修了、日本IBM、野村證券を経て、株式会社レゾナンス創業(8期目)代表取締役社長。1979年鹿児島市出身。塾長インタビュー記事。

第2講  Saas × VRビジネスの実情    森田 博和

2020/1/26(日) 15:00-20:00

VRテクノロジーをいち早くビジネスに取り入れた森田氏による講義。最新の現場の状況とともに、新技術の組み合わせによる今後の展望をお伝えします。

官僚からビジネス界への転身、また、スタートアップならではの起業の苦悩などをはじめ、キャリア転換の自由な価値観に触れ、新しい発想が得られるでしょう。


<プロフィール> 東京大学大学院卒業、航空宇宙工学修士(JAXA所属 ~2005年)取得。2005年 経済産業省入省、内閣官房宇宙開発戦略本部事務局への出向を含め航空宇宙政策の企画、立案等に携わり、6 年間勤務。2013年シカゴ大学大学院にてMBA取得(アントレプレナーシップ・統計学等専攻)後、株式会社スペースリー創業。

第3講  戦略投資論    間庭 裕喜

2020/2/9(日)  15:00-20:00

投資の基本に関するレクチャーを受けたあとは、チームでディスカッションを重ねて出した回答にフィードバックを受ける、実践ワーク型の講義。

どう資金調達する? 何を買う?
 
「数字が肌感覚で分かる世界」を目指して、積極的に挑戦すればするほど精度が上がるレクチャーです。
<プロフィール> 株式会社Gunosy 取締役CFO /CEO室 室長/Gunosy Capital 取締役。東京大学工学部卒。2005年にゴールドマン・サックス証券株式会社に入社し、戦略投資部にて様々な投資案件に従事。2015年、クービック株式会社にCOO兼CFOとして参画。東証一部上場企業の株式会社Gunosyで投資部門の責任者や管理部門の管轄を担当。

第4講 イノベーションと組織 徳谷 智史

2020/2/16(日) 15:00-21:00

第3講に続き、ワーク型の講義。

実際のケースをもとに、イノベーションはいつ起きるのか、新事業が起きるときにそれを支える組織はどうあるべきか、ディスカッションを重ねながら考えていきます。
<プロフィール> 京都大学卒業後、大手戦略コンサルティング会社(CDI)入社。国内PJリーダーを経験後、アジアオフィスの立上げ・同代表に就任。その後、「世界唯一の人財開発企業」を目指し、エッグフォワードを設立。総合商社、メガバンク、戦略コンサル、リクルートグループなど、業界トップ企業数百社に人財・組織開発や マネジメント強化のコンサルティング・研修など幅広く手がける。近年は、AI等を活用したHR-Tech分野の取り組み、事業開発や、高校・大学などの教育機関支援にも携わる。NewsPicksキャリア分野プロフェッサー。東洋経済Online連載、著書「いま、決める力」等

第5講  国家プロジェクトへの関わり方  松澤 香 [延期講座・日程調整中]

2020/2/29(土) 15:00-20:00<延期・日程調整中>

弁護士として国家プロジェクトにかかわってきた松澤氏に、現場の実情や、キャリアの掴み方について、自身の経験から語っていただきます。
 
第1期の講義の「育児と仕事」にまつわる女性のキャリア形成のお話では、受講生の間に「カオルショック」を巻き起こしました。「その後」のお話もお楽しみに!
 
※カオルショックはこちらから
 
<プロフィール> 弁護士。慶應義塾女子高等学校卒業、慶應義塾大学法学部法律学科卒。在学中に司法試験 合格。森・濱田松本法律事務所、ハーバード大学ロースクール卒業後、ハーバード大学ケネディ行政大学院で執務(研究:女性のリーダーシップ論)。ニューヨーク州弁護士登録後、2011年国会 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会調査課長、2014年厚生労働省GPIFガバナンス改革担当参与、2015年東京大学大学院工学系研究科 研究倫理委員会、2017年東京未来ビジョン懇談会 メンバー。2018年特定非営利活動法人 日本医療政策機構 アドジャンクトフェロー、2019年三浦法律事務所を設立。渋谷区教育委員会委員、特定非営利活動法人日本医療教育プログラム推進機構 倫理審査委員会委員、一般社団法人日本IT団体連盟 監事。

第6講  日本政治現状    宮路 拓馬 [延期講座・代替日決定]

2020/9/6(日) 15:00-21:00

ビジネスの拡大において、行政との連携はつきもの。政治家はどこを見ているか、今、国はどう動いているのか、現在の国政の実情も合わせて解説します。

政策立案や選挙など、政治家の表に出ない部分についても、ざっくばらんにお話いただきます。


<プロフィール> 平成26年12月第47回衆議院議員総選挙にて、自民党全国最年少初当選。現在2期目。鹿児島県立鶴丸高等学校を経て、東京大学法学部を卒業後、総務省自治行政局に入省。総務省自治行政局・消防庁、奈良県財政課、広島市財政課長、内閣官房副長官補付参事官補佐、総務省大臣官房秘書課長補佐等を務めた後、退職。自民党農林部会副部会長、畜産・酪農対策委員会事務局長、青年局事務局次長。原子力問題調査特別委員会、科学技術・イノベーション推進特別委員会理事。趣味はサッカー。

第7講  国際情勢の動向    桑島 浩彰 [延期講座・代替日決定]

2020/8/23(日) 9:00-12:00

米国在住の講師から、アメリカの現状と世界情勢について、現代史を踏まえながら丁寧にレクチャーしていただきます。

自由貿易とは逆行の流れはなぜ、どこから始まったのか、不景気はどこから生まれるのか……ディスカッションを交えながら考察します。
<プロフィール> Conductive Ventures マネージング・ディレクター (兼カリフォルニア大学バークレー校日本研究所 客員研究員)。東京大学経済学部卒業、ハーバード大学経営大学院および同ケネディ行政大学院修士(MBA/MPA)。三菱商事にて、アジア・アフリカ産コーヒー豆製品取引と先物取引に従事。留学後はドリームインキュベータにて戦略立案・実行支援を行った。ベンチャー経営2社を経て現在に至る。東洋経済オンライン、日経XTECHなど連載多数。米メンローパーク在住。米アイゼンハワーフェロー日本代表。

参考記事【日本企業はなぜシリコンバレーで勝てないのか。現地通が見た深刻な課題。】 

第8講  ソフトウェア経営と先端技術    松本 勇気 

2020/4/19(日) 15:00-20:00

ソフトウェア経営を徹底的に科学する松本氏。ヒトやカネといった経営資源のインプットと、利益のアウトプットを、すべて数値化し関数で考察する手法で事業を成長させてきたノウハウ、および最新の先端技術への知見についてレクチャー。

<プロフィール> DMM.com CTO。東京大学工学部2013年卒。東京大学在学中より株式会社Labitなど複数のベンチャーを経て、2013年1月よりGunosy参画。CTOとして全事業領域で企画・開発、マネジメント、経営、ブランディングなど幅広く担当。株式会社レゾナンスの創業メンバー。

第9講  経営戦略論    園田 紘章

2020/4/25(土) 15:00-20:00

実際のケーススタディーを元に、各業界ごとのコスト構造や競争環境、競合優位性を研究し、経営戦略の実践的手法を学びます。

ハーバード大、スタンフォード大のビジネススクールでの経験についてもお話いただきます。
<プロフィール> 株式会社ディー・エヌ・エー オートモーティブ事業本部経営戦略部長。2005年 野村総合研究所にてコンサルティング業務に従事したのち、経営共創基盤へ入社。特に自動車産業のコンサルティングに従事。福島原発の事故調査も担当。2014年度フルブライト奨学生。
東京大学工学部卒、ハーバードケネディスクール卒、スタンフォード大学ビジネススクール卒。
事前必須教養:会計入門
参考記事【日本No.1のモビリティプラットフォームを作る
経営戦略の担い手が見据える、DeNAの“勝算”

第10講  IR業界とイノベーション    中安 祐貴

2020/5/10(日) 15:00-20:00 ※


企業と投資家をつなぐIR。数多ある上場企業の中から有望な企業に光を当てて、投資機会を創出する事業、およびIT活用による事業展開について、自身の経験を踏まえてレクチャーいただきます。

<プロフィール> UBS証券、クレディ・スイス証券にてアナリストとしてインターネットや中小型・ITサービス・ゲーム等のセクターを調査。産業分析・個別企業の財務分析と同時に、国内外の機関投資家に株式投資の判断材料を提供。2015年Institutional Investor誌アナリストランキング5位(Internet部門)。2015年6月、クレディ・スイス証券を退職。同年6月株式会社みんせつを創業、代表取締役社長に就任。2006年に京都大学大学院工学研究科修士課程を修了。事前必須教養:ファイナンス入門

特別講義  価値競争時代のデザインシンキング 小田 累

2020/5/17(日) 15:00-20:00

「デザイン思考」とは、デザインに必要な思考方法と手法を利用して、ビジネス上の問題を解決するための考え方です。

デザインに必要な考え方や手法が、今、ビジネスの現場に必要とされています。

デザイン思考が求められる背景を、その本質と実践例を交えてのレクチャーとなります。

<プロフィール> 京都大学工学部情報学科卒。戦略コンサルティングファームに入社後、当時の社長と共にコンサル会社創業に携わる。
その後、待機児童問題等社会問題解決のためにNPO sopa.jpの創業と当時の妻の選挙活動を行う。
現在は、NPO経営をしながら、株式会社シグマクシスで経営コンサルタントをしている。
経営コンサルタントとしては、B2C中心の様々な業界で、戦略立案・マーケティング戦略・IT戦略・新規事業開発等を経験。

 第11講  日本の政治権力の構造    竹中 治堅

2020/5/24(日) 15:00-20:00 ※  

大蔵省出身の講師による政治学の講義。政治の構造、特に首相権力の増大の構造、参議院の役割と機能についての理解を促進し、 政治リテラシーを刷新します。

意思決定の仕組みを学習し、ビジネスの組織づくりへのヒントに!
<プロフィール> 93年東京大学法学部卒、大蔵省入省、98年スタンフォード大学政治学部博士課程修了(Ph.D.取得)、同年中央省庁等改革推進本部事務局、99年政策研究大学院大学助教授、2004年同政策情報研究センター長、図書館長(06年まで)、07年同准教授、2010年同教授(現在に至る)。著書に『首相支配――日本政治の変貌』(中公新書 2006年)『参議院とは何か――1947~2010』(中央公論新社・中公叢書 2010年)

 第12講 第1部 コミュニティ・マネジメント    山口 和也 本コース初登場!

2020/5/31(日) 15:00-17:00 


のべ3000名以上の卒業生を輩出している「海外ビジネス武者修行プログラム」。コミュニティの重要性はもちろん、生成のしかけや考え方についてお話いただきます。

ユニークなマーケティングにも注目!
<プロフィール> 1973年生まれ。早稲田大学大学院商学部専門職学位課程ビジネス専攻卒(MBA)。2000年に米系医薬品&医療機器メーカー社長室入社。2004年日本人として初めてInternational Product Managerとして米国本社に勤務し、世界各国のマーケティング担当者とグローバルプロジェクトに携わる。2006年帰国後、Business Development Senior Managerとして、主にAsia Pacific & Japan地域において事業アライアンス等を担当。2011年Asia Pacific & Japan地域でMVP獲得。2013年、実弟の山口揚平とシェアーズを創業。その後、これまで培ったグローバル経験を活かして「海外ビジネス武者修行プログラム」を立ち上げ累計221名実施、大学生向けアジア新興国インターン事業において実績No.1となる。(同プログラムは2015年シェアーズから旅武者へと事業移管)

第12講 第2部 スタートアップの立ち上げ方    黒木 俊一郎 本コース初登場!

2020/5/31(日) 17:00-19:00

知財ファンドでアナリストとして従事していた講師が、なぜスタートアップ起業に関わるようになったのか。
 
事業リスクの捉え方や意思決定の進め方、また資金調達の方法など、事業を成功に導く業務プロセスを学びます。
<プロフィール> 株式会社アロマビット代表取締役社長。米国マカレスター大学卒(化学・物理専攻)。 NEC株式会社にて、半導体のエンジニアとして、最先端プロセス開発に従事。 その後、ゴールドマン・サックス証券株式会社を皮切りに、ハイテク分野に特化した投資アナリストとして外資系投資銀行などに10年間従事。 2009年、米国知財ファンドのインテレクチュアル・ベンチャーズジャパン合同会社にて、オーブンイノベーション創出、技術・市場評価業務ならびに事業開発業務に従事。2014年2月に、小型ニオイセンサーならびにニオイデータのスタートアップ株式会社アロマビットを設立。

第13講 第1部  ネットサービス企画運営   十川 良昭

2020/6/7(日) 15:00-17:00

某大企業の実情と事業の展望についてレクチャーいただきます。GAFAなどによるデータの寡占が進むなか、データの活用は日本企業の課題。成長戦略との規制のバランス、データの重要性について語ります。
<プロフィール> 新卒でNTTドコモに入社、その後楽天へ出向し、現在はドコモのジュニア・プロフェッショナルコースに在籍。入社以来、様々な形態(サブスクリプション、個別課金、B2C、C2C等)やジャンル(情報配信、エージェントサービス、オークション、ショッピング、ファッション、トラベル等)のネットサービス企画運営に従事。富山県立高岡高校卒、東京工業大学卒、同大学院卒。

第13講 第2部  官民協働のイノベーション実情   栫井 誠一郎

2020/6/7(日) 17:00-19:00

官公庁を退職し、起業。官民連携によるプロジェクトとしても始動・加速させる事業を、イノベーティブに創出している講師の経験や哲学に触れ、新たな発想へのヒントを得るレクチャーです。
<プロフィール> 株式会社Publink 代表取締役。1982年生まれ。東京都出身。東京大学工学部卒業後、05年に経済産業省(国家1種)入省。マクロ経済政策、外国人留学生と日系グローバル企業のマッチング、研究開発政策、法律改正、内閣官房への出向時は政府のIT・情報セキュリティ政策を担当。11年退職。退職後はWebサービス企画/開発を中心に活動した後、13年6月、株式会社Zpeerを共同創業し、CTO兼CFOを担う。17年末に退職後、経済産業省時代より長年抱いてきた官民連携への思いを形にすべく、18年6月に株式会社Publinkを設立した。 官や民の様々なコミュニティ(合計約2000人)を運営しながら、官民連携事業を爆進中。

第14講  大企業×新規事業のリアル 野中 亮宏 本コース初登場!

2020/6/14(日) 15:00-20:00

ベンチャーにはない、大企業のアセットについて、また大企業にしかできないイノベーションについて、実例を交えながら解説。

医療関係者のトップメディア「エムスリー」運営の経験から、規制の多い中でどんなイノベーションを行ってきたか、またこれからの展望についてのレクチャーが期待できるまたとない好機をご提供します。
<プロフィール> 東京大学卒業後、株式会社リクルート入社。人事・営業・事業企画を経てリクルートホールディングスの経営企画へ。分社化/株式公開/投資計画/新規事業コンテストなどの経営テーマ議論の事務局を務める。 2015年5月より「医療×IT」のエムスリー株式会社にて子会社経営に従事。合併後の統合プロセスにおける経営企画を主に担当。2017年より”地域医療”をテーマとした新規事業立ち上げに従事。 エムスリー株式会社 地域医療コラボレーショングループリーダー。株式会社ワイズ 取締役

第15講  深層強化学習    前田 恵一

2020/6/28(日) 15:00-20:00

自立的な学習である「強化学習」に、人工知能技術の中核となる深層学習(ディープラーニング)を組み合わせた「深層強化学習(Deep Reinforcement Learning)」。

これからの時代に必須となるAIとその本質的な技術について、ディスカッションを進めながら理解を促進していきます。
<プロフィール> 本塾主宰。05年東京大学大学院情報理工学系研究科修了、日本IBM、野村證券を経て、株式会社レゾナンス創業(8期目)代表取締役社長。1979年鹿児島市出身。

参加費用

授業料    300,000円
懇親会参加費 30,000円

※参加お申し込みいただき、選考試験合格後のご入金となります。キャンセルポリシーについては、試験時にご説明いたします。

選考試験について

面談での確認事項は、

・数学素養
・会計素養
・ビジネス素養
・お人柄

コースメイトの多様性を尊重し、幅広い業種・職種の方が集う場となるようバランスにも配慮しながら調整いたします。

対象年齢は30歳以下としていますが、世代の多様性を考慮し、30代も若干名募集しております。

ご心配な点などは、ご遠慮なくご質問ください。

1期~2期の参加者

◆コンサル:マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストンコンサルティンググループ、野村総合研究所、アクセンチュア、アビームコンサルティング、デロイトトーマツ コンサルティング 他◆金融:ゴールドマンサックス、野村證券、みずほ証券、プルデンシャル生命保険、第一生命保険株式会社◆IT:Gunosy、クラウドワークス、その他ベンチャーIT企業◆メーカー・インフラ:某大手飲料メーカー、某大手工機メーカー、P&G、東京ガス◆総合商社:三井物産、三菱商事、丸紅◆官公庁:財務省、経済産業省、金融庁◆起業家、弁護士、医師、人材開発など
その他: UCLA, University of Edinburgh, ICU, 秋田大学、岡山大学、神戸大学、筑波大学、名古屋大学、法政大学、福岡大学、明治大学、立命館大学他
その他: UCLA, University of Edinburgh, ICU, 秋田大学、岡山大学、神戸大学、筑波大学、名古屋大学、法政大学、福岡大学、明治大学、立命館大学他

卒業生の声

守屋祐一郎さん(1期生)医療系ベンチャー企業勤務

社会人一年目の冬に参加しました。
参加者も講師も人柄が良く、楽しそうに仕事をしていらっしゃる方が多いことが印象的でした。講師の方々と前田さんとの信頼関係が、すごくいい感じです。講座も、ほどよくガチでほどよくカジュアル。
距離感に加え年代も近いので、自分の5年後、10年後を重ね合わせ易く、毎回得る学びを自分ごとに落とし込みやすかった印象です。
ここでなければ得られない広い視野・知識を吸収しつつ、自分の言葉で解釈して反芻する事で、本業へのさらなるモチベーション、中期的なキャリアの指針など多くを獲得できたと感じています。

板倉美聡さん(1期生)大手外資系コンサルタント会社勤務

トップキャリアコースには、入社とほぼ同時に通い始めました。

仕事が忙しすぎて、仕事以外のことが何もできなくなりそうだったので、自分のために、土日に勉強する時間を確保しておきたかったんです。
コンサルという職業柄、いろんな業界と一緒にお仕事しますが、トップキャリアコースはそれ以上に、短期間でぎゅっと、幅広い世界を見せてくれました。
また、一緒に学んだ仲間も、幅広いジャンルから来た人たちで、ずいぶん助けてもらいました。

板倉美聡さん(1期生)大手外資系コンサルタント会社勤務

トップキャリアコースには、入社とほぼ同時に通い始めました。

仕事が忙しすぎて、仕事以外のことが何もできなくなりそうだったので、自分のために、土日に勉強する時間を確保しておきたかったんです。
コンサルという職業柄、いろんな業界と一緒にお仕事しますが、トップキャリアコースはそれ以上に、短期間でぎゅっと、幅広い世界を見せてくれました。
また、一緒に学んだ仲間も、幅広いジャンルから来た人たちで、ずいぶん助けてもらいました。

もっと知りたい!前田塾

参加者の声はこちらから。
前田塾 塾生白書「In Our Time 」