2020年1月~ 第3期 早割受付中!10/31まで!
詳しくはこちら

日本のU30向けトップキャリアの教養とコミュニティを形成

プライベートエクイティファンドや外資系経営コンサルティング、弁護士、会計士から人工知能やブロックチェーン技術で起業する方まで。多様性に富むコミュニティ形成を横断的に形成し、今後の日本の新しいビジネスを主導していく経営人材としての必要な素養を身に着ける場です。

講義内容
書籍では学びきれない、現場のリアルな声が聞ける場として、
多面的に日本のイノベーション事情を学びます。

1.Machine Learning

ディープラーニングや強化学習を中心に、人工知能の仕組みや実例を把握し、未来予測力を高める講義を用意しています。

2.Politics

政策制度の運用及び構造の両面から、各政策やその決定プロセスにアンテナが立つ人材養成を行います。

3. Venture Business 

立ち上げから売却まで、大企業やベンチャー企業での事例を通じて、視野を広げていきます。

4. Finance

最低限のファイナンスの概念と共に、投資や資金調達時に必要な理論の仕組みを理解します。

第1講
2019年7月7日(日)15時~18時
ポートフォリオ理論

前田恵一

本塾主宰。2005年東京大学大学院情報理工学系研究科修了、日本IBM、野村證券を経て、株式会社レゾナンス創業(8期目)。代表取締役社長。鹿児島県鹿児島市出身。1979年生まれ。
事前必須教養:ファイナンス入門・数学基礎素養・会計入門

第2講
2019年7月21日(日)15時~18時
戦略投資論

間庭裕喜氏

株式会社Gunosy 執行役員。東京大学工学部卒。2005年ゴールドマン・サックス証券株式会社入社。10年間戦略投資部でPE、不動産、債権投資業務に従事。2015年にクービック株式会社に参画後、2018年10月現職。執行役員CEO室 室長 兼 Gunosy Capital 取締役。

第3講
2019年8月4日(日)15時~18時
イノベーションと組織

徳谷智史 氏

エッグフォワード 代表  NewsPicksキャリア分野プロフェッサー。京都大学卒業後、新卒で戦略系コンサル入社。PJリーダーを経て最年少でアジアオフィス代表として東南アジアを統括。総合商社、戦略コンサル、リクルートグループなど、業界トップ企業数百社の企業変革を手掛ける他、自社にてAI等を活用したHR-Tech分野の取り組みの新規事業開発を行う。 「キャリアの専門家」としても2万人以上のビジネスパーソンの意思決定支援に従事。高校・大学などの教育機関支援にも携わる。 東洋経済オンライン連載中、起業・組織変革・キャリアに関するメディア掲載多数。

第4講
2019年8月11日(日)15時~18時
日本政治実情

宮路拓馬 氏

平成26年12月第47回衆議院議員総選挙にて、自民党全国最年少初当選。現在2期目。
鹿児島県立鶴丸高等学校を経て、東京大学法学部を卒業後、総務省自治行政局に入省。
総務省自治行政局・消防庁、奈良県財政課、広島市財政課長、内閣官房副長官補付参事官補佐、
総務省大臣官房秘書課長補佐等を務めた後、退職。自民党農林部会副部会長、畜産・酪農対策委員会事務局長、青年局事務局次長。原子力問題調査特別委員会、科学技術・イノベーション推進特別委員会理事。趣味:サッカー

第5講 
2019年8月25日(日)15時~18時
物流とイノベーション

方志 嘉孝 氏

株式会社ダイアログ代表取締役社長。物流業界のイノベーターとひて、早稲田大学大学院生命理工学専攻 卒業。IBMにて製造業、商社、官公庁等でITコンサルタント、プロジェクトマネージャーとして活躍。業務改革やWebサービス展開を得意とする。レゾナンス創業メンバー。広島県福山市出身。

第6講
2019年9月15日(日)15時~18時
VRビジネス実情

森田博和 氏

1980年東京生まれ。2005年東京大学大学院航空宇宙工学科修了(JAXA宇宙科学研究所所属)後、経済産業省入省。内閣官房宇宙開発戦略本部事務局への出向時を含め中小企業政策、エネルギー政策、航空宇宙政策の企画、立案等に携わった後、2011年8月、米シカゴ大学ブースビジネススクール(シカゴブース)入学。2012年6月~8月、シカゴのPolsky Center Accelerator Program(起業家プログラム)に選抜。2013年6月MBA(経営学修士)取得。2013年7月に経済産業省を退職。同年8月国内法人株式会社エフマイナーを創業。

- 過去の国内記事(東洋経済)- 書籍(監修本:統計学が世界を予測する): 

第7講
2019年9月22日(日)15時~18時
国際動向

桑島浩彰 氏

Conductive Ventures マネージング・ディレクター (兼カリフォルニア大学バークレー校日本研究所 客員研究員)。東京大学経済学部卒業、ハーバード大学経営大学院および同ケネディ行政大学院修士(MBA/MPA)。三菱商事にて、アジア・アフリカ産コーヒー豆製品取引と先物取引に従事。留学後はドリームインキュベータにて戦略立案・実行支援を行った。ベンチャー経営2社を経て現在に至る。東洋経済オンライン、日経XTECHなど連載多数。米メンローパーク在住。米アイゼンハワーフェロー日本代表。

第8講 第1部
2019年9月29日(日)15時~16時半

前田恵一

本塾主宰。2005年東京大学大学院情報理工学系研究科修了、日本IBM、野村證券を経て、株式会社レゾナンス創業(8期目)。代表取締役社長。鹿児島県鹿児島市出身。1979年生まれ。

第8講 第2部
2019年9月29日(日)16時半~18時
医療とイノベーション

山本遼太郎 氏

慶應義塾大学経済学部卒業。米P&G社マーケティング本部にて主に衣料用洗剤のマーケティング戦略立案に従事。その後、リクルートホールディングスに営業職として入職。さらに社長秘書、経営企画課長、海外M&A担当、海外投資先企業取締役を経験し、SoftBank Group株式会社へ移籍。
孫正義氏、Nikesh氏下にて社長室戦略企画マネージャーとして、グループ全体の経営戦略、M&A、事業開発に従事。16年4月、医療の構造変革を志し、エムスリードクターサポート株式会社へ参画。社長室長、経営企画部長として企画、管理部門を統括。18年2月、株式譲渡を機に、ソフィアメディ株式会社の代表取締役社長に就任。

第9講 
2019年10月6日(日)15時~18時
マイクロファイナンスの実情


杉山智行 氏

クラウドクレジット株式会社 代表取締役 2005年東京大学法学部卒業後大和証券SMBCに入社し、金利、為替の自己勘定取引チームで日本国債への投資業務等に携わる。2008年ロイズTSB銀行東京支社に入行し、資金部長として支店経営陣に対してリテール預金の獲得など日本での事業機会について助言を行う一方、運用子会社の日本における代表及び運用責任者を兼任。2013年1月にクラウドクレジット株式会社を設立し、投資型クラウドファンディング・サービスを展開。日本の個人投資家と世界の資金需要者がWin/Winの関係を作るサポートを行う。

第10講
2019年10月20日(日)15時~18時
先端技術と経営

松本勇気 氏

DMM.com CTO。東京大学在学中より株式会社Labitなど複数のベンチャーを経て、2013年1月よりGunosy参画。CTOとして全事業領域で企画・開発、マネジメント、経営、ブランディングなど幅広く担当。株式会社レゾナンスの創業メンバー。1989年鹿児島生まれ。東京大学工学部2013年卒。

第11講 第1部
2019年10月27日(日)15時~16時半 
家業継承後の経営時に起きること

仲川文隆 氏

伸和印刷株式会社代表取締役。印刷業を営む家業を継いだ後、時代にあった次世代の印刷会社を目指す2代目社長。特に環境問題改善へ貢献する会社やストレスの無い働き方・考え方が浸透した会社づくりを推進中。 2004年IBMビジネスコンサルティングサービス入社後、2012年家業業績急降下のため伸和印刷株式会社入社後、業績をV字回復させ代表取締役。早稲田大学卒。開成高校卒。

第11講 第2部(仮)
2019年10月27日(日)16時半~18時
人工知能理論

前田恵一

本塾主宰。2005年東京大学大学院情報理工学系研究科修了、日本IBM、野村證券を経て、株式会社レゾナンス創業(8期目)。代表取締役社長。鹿児島県鹿児島市出身。1979年生まれ。
事前必須教養:数学基礎素養

第12講 第1部  
2019年11月17日(日)15時~16時半  
日本の政治権力の構造

竹中治堅 氏

93年東京大学法学部卒、大蔵省入省、98年スタンフォード大学政治学部博士課程修了(Ph.D.取得)、同年中央省庁等改革推進本部事務局、99年政策研究大学院大学助教授、2004年同政策情報研究センター長、図書館長(06年まで)、07年同准教授、2010年同教授(現在に至る)。

第12講  第2部
2019年11月17日(日)16時半~18時 
ネットサービス企画運営

十川良昭

新卒でNTTドコモに入社、その後楽天へ出向し、現在はドコモのジュニア・プロフェッショナルコースに在籍。入社以来、様々な形態(サブスクリプション、個別課金、B2C、C2C等)やジャンル(情報配信、エージェントサービス、オークション、ショッピング、ファッション、トラベル等)のネットサービス企画運営に従事。富山県立高岡高校卒、東京工業大学卒、同大学院卒。

第13講 第1部
2019年11月24日(日)15時~16時30分
発展途上国の経済成長

紀古鮎美 氏

国際協力機構(JICA)にて、途上国の都市・地域開発分野の支援に従事。2014年から2018年までJICAミャンマー事務所にてミャンマーのインフラ開発、都市開発を支援。IBMビジネスコンサルティングサービスを経て、現職。ロンドンスクールオブエコノミクス(LSE)修士(都市化と開発)。2004年共同学位プログラムにて立命館大学、アメリカン大学卒。

第13講 第2部
2019年11月24日(日)16時30分~18時
医療×AI×発展途上国の実情

酒匂真理 氏

東大発医療AIベンチャーmiup(ミュープ)代表取締役社長。
研究者を目指して学生時代より途上国開発に従事。大学院卒業後、外資系消費材メーカーの商品開発・マーケティング職を経て、バングラデシュへ渡り起業。19年3月主催第2回日経ソーシャルビジネスコンテストにて最優秀賞受賞。AI技術を筆頭にICTを駆使し、効率的な医療システムを作り出し、医療にアクセスできなかった人々に医療を届けることをミッションに活動中。東京大学大学院農学生命科学研究科修士課程修了

第14講
2019年11月30日(土)15時~18時
経営戦略論

園田紘章 氏

株式会社ディー・エヌ・エー オートモーティブ事業本部経営戦略部長。
2005年 野村総合研究所にてコンサルティング業務に従事したのち、経営共創基盤へ入社。
特に自動車産業のコンサルティングに従事。福島原発の事故調査も担当。2014年度フルブライト奨学生。
開成高校卒、東京大学工学部卒、ハーバードケネディスクール卒、スタンフォード大学ビジネススクール卒。
事前必須教養:会計入門

第15講(最終回)第1部
2019年12月8日(日)15時~16時半
官民協働のイノベーション実情

栫井誠一郎 氏

筑波大学付属駒場高校、東京大学卒、経済産業省(Ⅰ種)を平成23年退職。株式会社ケイテックパートナーズ創業、株式会社Zpeer-ズピア共同創業者CFO兼CTO(平成29年退職)。株式会社Publink(ケイテックパートナーズより社名変更)代表取締役社長
関連記事:経産省が教えてくれたベンチャーマインド ― 全ての挑戦に贈る「0」からはじめるために必要なこと

第15講(最終回)第2部
2019年12月8日(日)16時半~18時 
IR業界とイノベーション

中安祐貴 氏

UBS証券、クレディ・スイス証券にてアナリストとしてインターネットや中小型・ITサービス・ゲーム等のセクターを調査。産業分析・個別企業の財務分析と同時に、国内外の機関投資家に株式投資の判断材料を提供。2015年Institutional Investor誌アナリストランキング5位(Internet部門)。2015年6月、クレディ・スイス証券を退職。同年6月株式会社みんせつを創業、代表取締役社長に就任。2006年に京都大学大学院工学研究科修士課程を修了。
事前必須教養:ファイナンス入門

参加者属性(1期生40名)
ディスカッション中心の講義で、多様な立場を理解していきます。

出身大学別

所属

◆ベンチャー企業(7名)
◆戦略コンサル(6名):マッキンゼー・アンド・カンパニー
、ボストンコンサルティンググループ、野村総合研究所、アクセンチュア、アビームコンサルティング、デロイトトーマツ コンサルティング
◆金融(5名):ゴールドマンサックス、野村證券、みずほ証券、プルデンシャル生命保険、第一生命保険株式会社
◆官公庁(4名):財務省、経済産業省、金融庁
◆メーカー・インフラ(4名):某大手飲料メーカー、某大手工機メーカー、P&G、東京ガス
◆リクルートグループ:3名
◆総合商社(3名):三井物産、三菱商事、丸紅
◆起業家(3名)
◆弁護士(2名)
◆医師(2名)
◆人材(1名)


財産になるコミュニティをつくるのが前田塾TC

僕はあと1年で40歳を迎えます。

折り返し地点を感じ、死ぬ前に残すものを考えてみました。

僕が残したいのは、
名前でもなく、実績でもなく、
「コミュニティ」だと思いました。

尊敬できる友人たち。そして愛すべき後輩たち。
この2つの世代の融合をしっかり行いたい。
必要な教養やご縁をつくれる場を通じて、
結果、人生を豊かに過ごしてほしい。

そういう思いを込めて、
前田塾トップキャリアコースをつくりました。

財産になるコミュニティを残せることを
頑張っていきます。

前田塾塾長
前田恵一

塾生の声

杉山祐香
国際基督教大学卒
Microsoft

前田塾は経済やファイナンス、会計について基礎的だが教養として必須の知識を学べたし、全くバックグラウンドなどが違う多様な仲間ができた。特に自分が今まで関わったことの無かった大事で優秀な仲間ができるのは本当に良かった。

崔海東
慶應義塾大学卒
リクルート

講師の方との距離が非常に近く、少人数なので気軽に発言できる。講義は教科書的な知識でなく、現場の最前線で活躍されてる方のお話が中心。新鮮で水面下の事象を学べた。社会で活躍されてる方と交流する機会が豊富に用意されていることも前田塾の大きなメリットです。

石川駿
慶應義塾大学
経済学部1年(当時)

経済、株、Excel等社会に出る際に必要な教養を身につけつつ、様々なバックグラウンドを持った本気の仲間を得ることができた。前田塾の期間でその後の一生が豊かになると確信。コミュニティに関して、幅広く、その後も仲良くし支え合いたいと思う人は必ず行くべき。

H.A
東京大学法学部卒

某大手銀行

前田塾で学び、利害関係なしに付き合える関係は大切だと強く思いました。
経済やエクセルなどの学ぶ内容はもちろん、大学でも会社でもないコミュニティで過ごした時間は、とても充実していました。

トップキャリアコース受講までの流れ


STEP

1

コースエントリー

所定のフォームよりコース受講申請をお願いいたします。
申請後、事務局より受講選考についてのご案内をいたします。

STEP

2

入塾選考(書類・面談)

書類・面談にてビジネス素養の確認をさせていただきます。
具体的には、基本的な数学力、ビジネス咀嚼力、お人柄、職種・業種のコースメイト内での多様性などを加味して、判断させていただきます。

STEP

3

入塾手続き

入塾試験をパスされた方のみ、入塾料及び授業料の振り込み等、各種手続きを行っていただきます。

STEP

1

コースエントリー

所定のフォームよりコース受講申請をお願いいたします。
申請後、事務局より受講選考についてのご案内をいたします。

費用

懇親会費(15回分)
30,000
授業料
200,000
備考 ※1.講義は全15回の開催を予定しています。
※2.お支払いは、講義開始前でのお振込みとなります。
※3.年齢は30歳以下が推奨コースとしておりますが、厳密な規定はありませんので、
随時ご相談ください。
面談項目
面談での確認事項
・数学素養
・会計素養
・ビジネス素養
・お人柄
コースメイトの多様性を尊重し、幅広い業種・職種の方が集う場となるよう調整致します。
面談項目
面談での確認事項
・数学素養
・会計素養
・ビジネス素養
・お人柄
コースメイトの多様性を尊重し、幅広い業種・職種の方が集う場となるよう調整致します。